あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。

物理療法(器械療法)

干渉型低周波電気療法


低周波療法は体表面の軟部組織・筋肉の収縮運動を促し、緊張を和らげます。
干渉波

牽引療法

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、手足のしびれに。脊椎の関節間隔を広げて神経根の障害を改善します。
牽引

マイクロ波

マイクロ波で組織の深部を暖めて痛みを緩和させる療法です。通常のホットパックなど表面からの温熱療法では効果が出づらい、五十肩や骨折後などのリハビリに使用します。
マイクロレーダー

多モード低周波療法

『 High Charge 184 』 による「ハイトーン療法」。周波数と振幅を同時に変調させる低周波療法です。従来の電気療法では振幅のみを変調させるため、電流強度は変調しても周波数は一定でした。ハイトーン療法では周波数と振幅を同時に変調させることにより、細胞レベルで神経や筋肉に刺激を与え、より高い効果が期待できます。
≪対応プログラム≫
Vitalization(全身調整)、Pain(疼痛)、Sport(スポーツ)、Mobilization(可動化)、Reha(リハビリ)、Edema(水腫)、Trauma(外傷)
ハイチャージ

© あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。 All Right Reserved.