あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。

寝違い

朝起きた時に首をひねって回せなくなることがあります。
多くの場合、それまで首や肩に凝りがたまっていたところに、
朝、寝起きの急な動作で筋肉を負傷してしまったものです。

当院の治療方針はぎっくり腰の方針と同様で、
①症状の強さ
②負傷してからの経過時間
③他の症状(手のしびれなど)の有無
④患者様の希望
を伺って治療方針を決定しています。

【①症状の程度】による治療判断
痛みで首が動かせない・熱を持っているなど症状がひどい場合、
炎症を鎮める目的で患部にアイシングを施します。
次に患部への負担を減らす目的で、患部を避けるように、
周辺部分の低周波治療・マッサージを施します。
最後に湿布をします。固定装具(頸椎カラー)は希望する方に販売しています。
症状がそれほどひどくない場合、または患部を圧迫しても
痛みを感じない場合は患部に直接、低周波治療やマッサージを行います。
いずれも治療による刺激が逆に害(負担)にならないように気を払っています。

【②発症してからの経過時間】による治療判断
発症して24時間以内の場合、炎症反応の進行とともに、
後から痛みが増悪する場合があります。
今、それほど痛くなくても 今後悪化することを考えて、
痛みがひどい場合に準じて治療します。

【③他の症状の有無】による治療判断
患者様の訴える症状に応じて判断をします。
特に強い炎症(発熱や腫脹、発赤)や手のしびれ・痛み・違和感がある場合は
単なる寝違いではない可能性があります。
神経症状が認められる場合は手や胸など原因となっている個所の治療も行います。
高血圧など循環器系の疾患や中枢神経系の疾患などの可能性がある場合、
適当と思われる医療機関に紹介させていただきます。

【④患者様の希望】による治療判断
整骨院が初めての方やマッサージ治療自体が初めての方は
治療の刺激が過度にならないように気を払っています。
また、早く治したい場合やご希望がある場合、
自費治療となりますが針灸治療を併せて実施します。
特に痛みがひどい場合は患部を直接マッサージすることができません。
その代わり、ご希望に応じて針治療を患部に行います。
針治療には通常の針治療の他に、置き針を使った治療もございます。
置き針は長さ1mm前後の短い画鋲みたいなもので、
シール式になっており、患部に張り付けるだけです。
手軽ですのでお勧めすることが多いです。
通常の針治療では患部を直接実施する他、
腕や背中に実施して首・肩の負担を軽くする方法もあります。
動作などを見て負傷している筋肉を見極めながら治療個所を判断します。

© あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。 All Right Reserved.