あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。

坐骨神経痛

坐骨神経痛では腰から足にかけて痛みやしびれが生じます。
一般に坐骨神経痛というと病名ではなく症状の名前です。

この症状を引き起こす原因は例えば、
腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症による神経根症、
脊柱管狭窄症 、
お尻の筋肉に問題のある梨状筋症候群、
膝の下に問題のある腓骨神経障害、
足首に問題のある足根管症候群などと原因は様々です。

経験的に腰の筋肉が緊張して似た症状を起こしている場合、
仙腸関節(骨盤のずれ)によって症状を起こしている場合
などもあります。

当院では簡単な検査でお体を拝見させていただき、
原因に対する施術を行っていきます。
筋肉の緊張をとるマッサージ、神経根の干渉を緩和する腰椎牽引療法、
筋肉の緊張をとったり神経の興奮を鎮めるための針治療、
炎症症状が強い場合はアイシングやコルセット・テーピング固定、
仙腸関節の機能障害に対して骨盤矯正(トムソン・カイロブロック)
を行います。

必要な場合(症状が激しい、筋力低下・麻痺がある、
脳など中枢性神経症状など)は応急処置のみで、
近隣の病院や医科を紹介いたします。
また、施術を行っていく中で症状の軽減が認められない場合や
長引く場合は、画像検査の依頼を含めて近隣の病院を紹介いたします。

© あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。 All Right Reserved.