あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。

腱鞘炎

手を使いすぎて手首を痛めることはよくあると思います。
例えば初めてのお子さんを出産したお母さんは慣れない抱っこを繰り返した結果、
お子さんが重くなってくる四ケ月目辺りになると疲労で手首が腫れることがあります。

腱鞘炎の治療では一番痛い部分と、その筋を動かしている筋肉の部分の両方にお灸します。
例えば、親指を立てると痛い場合は陽谿(ようけい)と手三里(てさんり)に灸するとよいです。
陽谿
陽谿の場所は親指を立てた時に手首にできる二本のすじの間で一番へこんだ所です
手三里
手三里の場所は肘を曲げた時にできる筋肉の高まりです。
親指を立てたり曲げたりするときに筋の動くのが確認できます。

© あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。 All Right Reserved.