あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。

針・灸

針・灸とは?


中国にその起源をもつ針灸は、日本に伝えられ長い歴史の中で理論・技術ともに日本独自の発展を遂げてきた伝統的な医療です。
極めて細い針、あるいはよもぎから作られたもぐさを用いて行われる治療は、人体に備わっている自然治癒力や免疫力を呼び覚まし、疾病を治療に導きます。

臨床医学の分野でも、鎮痛作用や自律神経調整作用、血流改善作用などがあると認められ、予防医学やリハビリテーション分野などでも効果をあげています。

針・灸とは
最近では代替医療のひとつとして西洋医学の医師も研究する人が増えてきており、世界的にも針灸治療を取り入れる医療機関が増えております。

当院では、使い捨ての針を使用し、衛生面でも万全な体制をとっております。



WHO(世界保健機構)による針・灸の適応疾患

WHO(世界保健機構)は、下記49種類の疾患を、適応症と認定しています。
運動器系疾患上顆炎(テニス肘)、頚部筋筋膜症(肩こり)、肩関節周囲炎(五十肩)、
頚椎症、関節リウマチ、捻挫、打撲、変形性膝関節症など
消化器・
呼吸器系疾患
下痢、便秘、過敏性腸症候群、潰瘍性腸症候群、
急性扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、慢性副鼻腔炎、気管支喘息など
疼痛疾患頭痛、片頭痛、緊張性頭痛、坐骨神経痛、腰痛、
扁桃腺摘出後疼痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、
三叉神経痛、腎石疼痛、胆石、胆石仙痛
循環器系疾患狭心症を伴う虚血性心疾患、高血圧症、低血圧症、不整脈など
泌尿・産婦人科系疾患月経困難症、分娩誘発、月経異常、女性不妊、
男性不妊、インポテンツ、遺尿症、尿失禁、尿閉など
その他の疾患近視、肥満、メニエール症候群、片麻痺、うつ病など



針・灸の保険治療

神経痛顔肩腰足など神経に沿って痛む。
例えば、坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛など
リウマチ手首や肘、膝、足首など、各関節が腫れて痛むもの
腰痛症腰が痛む、腰が重い。
例えば、変形性腰痛症、ぎっくり腰など
五十肩肩が痛くて、腕が上がらないもの
頚腕症候群頚、肩、腕の痛みやしびれ、だるさなど
頚椎捻挫後遺症交通事故などのむち打ち症
その他慢性的な痛みのある疾患で保険者が認めたもの


針


© あい針灸整骨院 鶴見市場駅より徒歩2分、夜20時まで受付。腰痛や肩こり、交通事故によるむち打ち等に。 All Right Reserved.